審美・ホワイトニング

  • ホーム > 
  • 審美・ホワイトニング

審美とは?

美しく機能的な口元を

審美とは?審美歯科は、保険治療では行えない美しさ(審美性)を提供する歯科治療です。

一般的に行われている保険診療では、むし歯治療の際に削った部分や欠けた部分に銀色やプラスチックの詰め物を行います。保険治療で目的とされるのは「機能面の回復」の治療のため、どうしても「見た目の美しさ」に満足がいきにくいものです。

それに対して審美歯科では、機能面の回復に「見た目の美しさ」をプラスした治療を行うため、「むし歯治療の詰め物が気になる」「むし歯を治したいけど、できるだけキレイに治したい」という方に最適の治療です。

保険適用外の治療

  1. 治療を目的としたもの以外の処置
  2. 高価な材料を使用する場合

一般的に、治療を目的とした処置以外には保険が適用されません。
治療を目的とした処置以外とは、予防を目的としたもの、美容を目的としたもの、などのことを言います。

当院の審美の特徴

4万円台からの新しいセラミック治療!

セラミック治療はまさき歯科クリニックでは、「Made in Japan」にこだわった国内でも大手の成田デンタルクリニックと提携し、新たなメタルセラミックの審美歯科治療を導入しました。

高額なゴールドの貴金属を避け、数十種類の中から色を選べるようにし、製造工程を標準化するなどの工夫をして、従来よりもお手頃な価格でご提供が可能な審美歯科治療です。奥歯のメタルセラミックについては48,000円(税別)と、大変利用しやすくなりました。

これまでの治療では、価格を重要視するとプラスチックとの混合素材(ハイブリッド)になる場合が多くありましたが、表面に傷がつきやすく、変色もしやすいことからセラミックには及びませんでした。

これらの問題を解決した、新たなセラミック治療です。 詳しくは歯科医師までご相談ください。

最新テクノロジーと匠の技術の融合

最新テクノロジーと匠の技術の融合はまさき歯科クリニックでは、治療をした後も思いっきりお口を開けて笑えるように、限りなく天然の歯に近づけられるよう審美歯科に特化した歯科技工所と提携しています。

中でも、歯科工房SASAKIさんはとても美しい歯科技工物をつくると有名で、色合わせが微妙な際にはベテラン技工士が当院まで出向き、患者さまのお口の状態を直接確認しながら色合わせを行ってくれる丁寧さでご好評をいただいております。

銀歯が気になる方

詰め物・被せ物による治療

詰め物(インレー)

詰め物(インレー)詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。

従来の詰め物(インレー)には、アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ってしまうなど、見た目が良いと言えるものではありませんでした。セラミックを使用することで、治療した場所が目立たず、健康的に見せることができます。

また、強度が劣ってしまいますが、保険適用内のプラスチックでも白い詰め物(インレー)を作製することも可能です。

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)被せ物(クラウン)とは、むし歯を削った後に歯全体を補う被せ物です。

ブリッジとは、欠損した歯の両隣の歯を支えにして修復する治療法です。 むし歯の進行の度合いによっては被せ物やブリッジで治療を行います。

セラミックを使用すると、金属やプラスチックでは得られない白く透明感のある天然歯のような輝きを取り戻すことができますが、こちらは自費診療となります。

ラミネートべニア

ラミネートべニアベニアとは、歯を修復した部分に貼り合わせる薄い板です。

歯の色がくすんでしまったり、怪我などで歯の一部を欠損してしまった場合などは、セラミックの薄い板を貼り合わせる治療でお悩みを解決します。

天然歯のように健康的な色やツヤを再現できます。

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

オールセラミック当院では、メタルボンド(金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの)以外にも、オールセラミックもご用意しております。

メタルボンドは、中の金属の色が透けてしまったり、歯茎と被せ物の境目が黒ずんでしまうケースがありましたが、オールセラミックの場合は全てセラミック素材でできているため、金属が見えることもなく審美的にもとても優れています。

ジルコニアセラミック

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれ、アクセサリーや包丁などにも使用される軽くて美しく、とても硬い素材です。

白い金属として生活に用いられるようになったジルコニアは、スペースシャトルの表面タイルや人工関節などに使用され、生体親和性が非常に高く、丈夫で安全なセラミックです。このジルコニアを金属の代わりに使用し、より審美性の高いセラミックを何重にも重ねて仕上げているのが当院のジルコニアセラミックです。

特徴は…

  • 硬くて丈夫な人工歯のため、噛み合わせの強い奥歯やブリッジにも使用が可能。
  • 透明感があり、変色もほとんどない。
  • 金属と比べて軽く、金属アレルギーの心配がない。

などが挙げられます。

当院では、専門の歯科技工士が立ち会いのもと、患者さまのお口に合わせて色の調整を行うシステムをとっています。

〈治療例〉ジルコニアセラミック 前歯のブリッジ治療

Before

症例

After

症例

Aさんは、数年前に治療したブリッジが外れてしまいご来院されました。

前歯の目立つ部分だったため、見た目がとても気になり、色々と調べて実績のある当院を選ばれたそうです。診断の結果、歯周病の進行もみられたため、歯を支える歯茎を改善する治療を行い、同時に上顎の審美治療を行いました。その後に、下顎のブリッジや被せ物の治療を行いました。

専門の歯科衛生士による歯周病治療や、ご自身で正しいセルフケアを行えるようにするためのブラッシング指導なども積極的に受けていただいたおかげで、治療は計画通りに進みました。見た目が一番気になる上顎の前歯には、ジルコニアセラミックという人工ダイヤモンドを選び、他の歯との色合わせは提携する歯科技工士も立ち会って行いました。

患者さまは、「こんなに自然の歯みたいに綺麗に治るとは思いませんでした。ありがとうございます!」と思わず声を上げてしまうほど、感激されていらっしゃいました。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士だけでなく、何よりも患者さまを含めた全員が協力して治療を進行できたことが、満足度の高い結果へと繋がった最大の要因だと思います。

エステニアインレー

エステニアは、ハイブリッドセラミックとも呼ばれる、従来のプラスチックとセラミックを配合した素材です。

強度や色調はちょうど両者の中間で、欠点の比較的少ない素材です。
価格的にもセラミックの約6割程度とお求めやすい価格です。症例に合わせて用いると、実力以上の力を発揮する素材です。

ご自身の歯を白くしたい方

ホワイトニングによる施術

ホワイトニングによる施術白く輝く歯は、周囲の方に清潔で健康的なイメージを与えます。

むし歯や歯周病の治療後、同窓会で人と会うとき、結婚式などの重大なイベントがある時など、「もっと歯を白くきれいにしたいな」と思ったことはありませんか? 美しく白い歯は、あなた自身の魅力を増し、清潔で健康的なイメージを与えます。

歯科医院で行うクリーニングは、歯垢や歯石、茶渋などの表面の汚れをきれいにすることはできますが、もっと「歯全体を白くしたい」そんな時にはホワイトニングが効果的です。

ホワイトニングの種類は歯科医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニングの2種類があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、施術してすぐに効果が現れるため、歯を短期間で白くすることができます。

当院では、近年歯科業界で注目を集めている分割ポリリン酸を使用したポリリン酸ホワイトニングを導入しており、歯を白くするだけでなく、歯質を強くしたり歯周病予防の効果も期待できます。

オフィスホワイトニングの流れ
①クリーニング

大きなむし歯があるとホワイトニングの薬剤により痛みが生じます。

また、歯周病で歯茎からの出血があると、ホワイトニング剤の効果が発揮されません。そのため、ホワイトニングはむし歯や歯周病を治療した状態で行います。1回目のホワイトニングの入る前に歯科医院にてクリーニングも行います。

②光を照射

歯の表面にホワイトニングジェルを塗布し、横になったままのリラックスした状態で光を照射します。
部位を調整しながら、薬剤の塗布と照射を何度か繰り返します。

③仕上がりチェック

歯の色がどれくらい白くなったのかを、シェードチェックで確認します。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングホームホワイトニングは、患者さまがご自身でご自宅で行えるホワイトニングです。

当院にて患者さまの歯型をとり、専用のトレー(マウスピース)を作製します。ご自宅にて低濃度のホワイトニングジェルを入れた専用トレーを装着していただき、2週間ほど継続して使用していただくことで歯が徐々に白くなります。

ホームホワイトニングの流れ
①クリーニング

ホワイトニングはお口の中にむし歯や歯周病がない状態で行います。歯石などを除去し、お口の中をキレイにします。

②トレー(マウスピース)作製

歯型をとり、患者さま専用のトレー(マウスピース)を作製します。

③チェック・ご説明

トレー(マウスピース)を実際に装着していただき、違和感などがないかをチェックします。
ホワイトニングジェルの使い方や、使用時間などについてもご説明します。

④ご自宅にてホワイトニング

ホワイトニング前の着色度合いによって使用期間は異なりますが、通常は1日2時間以内を2週間ほど続けていただきます。

⑤定期検査

歯の状態や、トレー(マウスピース)が変形していないかを定期的に確認し、ホワイトニングを継続していきます。

デュアルホワイトニング

歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングのことを「デュアルホワイトニング」といいます。

歯の着色・汚れが気になる方

エアフロ―

エアフロ―エアフロ―とは、強力なジェット水流で超微細パウダーを歯面に吹き付け、歯に付着した汚れを落とす器具のことです。歯面に付着したタバコのヤニや茶渋などの着色汚れ、頑固なバイオフィルムなどもしっかりと落とすことができます。

研磨剤を使用していないため歯や歯茎を傷つけにくく、歯にやさしいクリーニングです。ご自身では磨きにくい部分までしっかりと汚れを落とすことができますので、矯正装置を付けている方には特におすすめです。

TOPへ戻る
TEL:048-950-1118 24時間初診専用WEB予約 TEL.048-950-1118