入れ歯

入れ歯(義歯)治療について

合わない入れ歯にお困りではありませんか?

合わない入れ歯にお困りではありませんか?当院では、入れ歯の治療に力を入れております。良い入れ歯治療とは、しっかりと噛むことができ、会話を楽しむことができるのはもちろんですが、患者さまの生活スタイルに合わせたぴったりの入れ歯をおつくりすることだと考えます。

生活環境やご要望が異なるそれぞれの患者さまに、使用する素材や見た目、使用感にも拘った、ご満足いただける入れ歯を作製いたします。これまで入れ歯が合わなくて困っていた方、これから入れ歯をつくりたいと考えている方はお気軽にご相談ください。

しっかりとカウンセリングを行い、歯科技工士と連携をとって、患者さまのご要望に合った快適な入れ歯をご提供いたします。

部分入れ歯と総入れ歯

「入れ歯」には一部の歯を失った場合に機能を補う「部分入れ歯」と、全体の歯を補う「総入れ歯」があります。

部分入れ歯

部分入れ歯一部の歯を失った際に使用するのが部分入れ歯です。 歯を失った部分に、その歯を補う人工歯を固定します。残りの歯に金属のバネ(クラスプ)をかけて入れ歯を固定します。

総入れ歯

総入れ歯全ての歯を失った際に使用する入れ歯です。 歯の代わりとなる人工歯と、歯茎の代わりとなるピンク色の床で構成されていて、床と粘膜の吸着力で入れ歯を固定します。

入れ歯の種類

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯床がレジンという歯科用樹脂でできています。

他の材料と比べると適合性が劣ると言われていますが、近年ではより使用感の良い入れ歯を作製できるようになりました。

メリット
  • 費用を安く抑えられる。
  • 破損した場合の修理が簡単にできる。
デメリット
  • 床に厚みがでるため、食べ物の熱が伝わりにくく、温度を感じにくい。
  • 割れやすく、耐久性が劣る。
  • 劣化しやすい。
  • 作り替えになる場合が多い
  • 色やニオイが付着しやすい。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャーは、金属のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。

歯茎の色に近いため、見た目がとても自然な入れ歯で、金属アレルギーがある方も安心して使用できます。

メリット
  • 金属を使用しないため入れ歯であることがバレにくい。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • 床に透明感があり、周りの歯茎とも馴染む。
  • やわらかく柔軟性がある素材のため、装着感が良い。
  • 柔軟性があるため割れにくい。
デメリット
  • 長期間の使用で素材(スーパーポリアミド)がすり減ってゆるくなる。
  • 破損した場合の修理がしにくい。

金属床

金属床床が金属でできている入れ歯です。 床がプラスチックのものと比べると薄くて使い心地が良く、丈夫なので長持ちします。

また、食べ物の温度を感じることができるので、食事を楽しむことができ、温度に気づかずにそのまま飲み込んでしまうなどのリスクも避けられます。

床に使用する金属には、以下の種類があります。

<コバルトクロム床>

メリット
  • 金属の強度があるため、保険適用の入れ歯の1/3の薄さで作製することができる。
  • 熱伝導率に優れ、食事の温度をしっかりと感じることができる。
  • 丈夫な金属で入れ歯が長持ちする。
デメリット
  • 口を開けた時に金属の床が見えることがある。

<チタン床>

メリット
  • 身体にやさしい金属で、ほとんどアレルギーの心配がない。
  • 適度に熱が伝わるため、味覚が変わりにくく、おいしく料理を食べられる。
  • コバルトクロムよりも軽くて丈夫。
  • 汚れにくく、お口の中を清潔に保ちやすい。
デメリット
  • 口を開けた時に金属の床が見えることがある。
TOPへ戻る
TEL:048-950-1118 24時間初診専用WEB予約 TEL.048-950-1118