ブログ

  • ホーム > 
  • ブログ > 
  • 三郷の歯医者便り~女医の目線 Vol-7・・・
2016.08.31

三郷の歯医者便り~女医の目線 Vol-7【金メダルの第一歩も歯医者から・・】

三郷の歯医者便り~女医の目線も「 金メダリストへの第一歩も歯医者から・・・」で7回目となりました。
 
こんにちは、科医師の加藤です。
リオオリンピックも終わってしまいましたね。私も史上最多のメダル獲得に興奮しながら、毎日様々な競技を見ていました。

観戦しながら以前大学の授業で聴いた、あるデータを思い出していました。
 
それはオリンピック選手を対象に虫歯について調査をしたところ、虫歯がないと答えた選手の割合は男子選手50% 女子選手60%だった というもの。
(ちなみに日本人の25歳の平均は男性が25%、女性が40%くらいです)
トップアスリートほど歯を大切に感じてケアをしているのだと考えられます。

 
なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?
それは歯と運動能力には密接な関係があるからです。
 
口腔内の状況と運動能力の関係についての興味深い調査結果があります。
小学生では、懸垂、50M走、走り幅跳び、ボール投げについて、成績の良いグループと悪いグループの二つに分け、治療してないむし歯の本数を比べてみたところ、走り幅跳びで明らかな差が出て、成績の悪いグループに虫歯が多いという結果になったそうです。
 
同様に、陸上自衛隊で行われている体力検定(種目としては50M走、1500M走、屈曲懸垂、走り幅跳び)の結果と歯科検診の結果を比較したら、 1500M走以外全ての種目で明らかな差が出て先程と同様に“成績の悪いグループには虫歯が多い”という結果が認められました。
 
未来のオリンピック選手の皆さん、2020東京オリンピックに向けてまずは虫歯から治してみませんか?
 
はまさき歯科はこれからも金メダルを取るお手伝いをしていきます♪

三郷駅前 はまさき歯科クリニック
歯科医師 加藤

TOPへ戻る
TEL:048-950-1118 24時間初診専用WEB予約 TEL.048-950-1118